古物とは

古物とは古物営業法2条第1項によりますと次のように規定されています。

この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。

以上より、古物とは

①一度使用された物品

②使用されない物品で使用のために取引されたもの

③これらいずれかの物品に「幾分の手入れ」をしたもの

ここでいう「使用」とは、その物本来の目的に従ってこれを「使う」ことをいいます。

また、「幾分の手入れ」とは、物の本来の性質、用途に変化を及ぼさない形で、修理等を行うこといいます。

さらに、「物品」には、商品券、乗車券、郵便切手などのいわゆる「金券類」が含まれますが、船舶、航空機、工作機械などの大型機械類は含まれません。

庭石、石灯籠、空き箱、空き缶類、金属原材料、被覆いのない古銅線類は、古物に該当しません。

【古物商許可申請代行サポート 東京】
■住所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-15-7-502
■TEL:070-6560-9006
■ 営業時間:9:00~19:00(土日祝、夜間も対応可能です)
古物商許可申請代行(個人) / 古物商許可申請代行(法人) / 古物商許可+会社設立パック/ 書換申請・変更届出 /お問い合わせ